日本語教師に資格は必要か

日本語を学びたいという外国人は増えてきています。
日本語教師は、日本語を母国語としない外国人にたいして、日本語を教える仕事です。

現在では、日本語教師になるための絶対に必要な資格というものはありません。
しかし、だからといって、日本語さえ喋ることができれば誰でも日本語教師になれるのか、というとそうでもありません。

資格は必要なくても、日本語を正しく教えるためには、それ相応のスキルを身に着けておく必要があります。

日本語教師の資格の情報がわかりやすく紹介されています。

教育機関などが募集する求人では、日本語教師養成講座420時間修了者、日本語教育能力検定試験合格者、大学日本語教育課程主・副専攻修了者の、いずれかを満たしていることが条件として挙げられていることが多いです。
ですので、これらがある意味資格の代わりとなる条件と考えていいでしょう。



大切なのは日本語という言語が好きなこと、言語自体に興味があること、文法を正しく理解していること、さらに日本語だけではなく日本の文化や歴史などにも明るい人が向いている仕事といえます。

また、さまざまな外国人とコミュニケーションを交わす必要があるので、臨機応変さや柔軟性なども求められます。

活躍する場は国内、海外などさまざまです。



日本では留学生の受け入れが拡大し、需要が高まっています。海外ではネイティブの日本語教師が不足しています。
日本語が好きで、グローバルに働きたいという人には、やりがいのある仕事のひとつといえるでしょう。


納得の真実

日本語教師になるにあたって必要な資格は要するに教員免許です。この免許を取得した上で、教員採用試験を合格することで初めて教員という立場に立つことができます。...

more

これからの日本語教育

国際社会の現代、世界中の人々が自国の枠を超えて活躍しています。その中にはもちろん、日本語を外国語として学び、それを活かしながら生活している人も多く含まれます。...

more

みんなの常識

日本語教師とは勘違いされがちですが、日本語が出来ればいいというわけではなく、国語以外にもたくさんの教育に関する知識を蓄えている必要のある職業です。決して日本語を扱うことが出来れば誰でもなれるというものではないのです。...

more

わかりやすい

日本語教師に必要な資格は、主に国語科教員免許です。なので、教員採用試験に合格する必要があります。...

more