日本語教師になるための資格

国際社会の現代、世界中の人々が自国の枠を超えて活躍しています。その中にはもちろん、日本語を外国語として学び、それを活かしながら生活している人も多く含まれます。
特に近年、アジア圏から日本への労働者も多く、そんな人たちにとって日本語が話せることは大きなアドバンテージになることでしょう。
そこで活躍するのが日本語教師です。
日本語教師の活躍の場には主に、日本語学校や企業に派遣されて教える形態があります。
最近ではインターネットで授業を行うものもあり、世界中のどこからでも勉強することが可能になっています。

日本語教師になる方法には、大きく分けて三つあり、大学、大学院で日本語教育を専攻すること、民間の日本語教師養成講座を修了すること、そして日本語教育能力検定試験に合格することです。絶対に必要とされている資格や免許はありませんが、就職する際には上記の三つのパターンのうち、ひとつ以上に当てはまる必要があるのが現状です。

どれを選ぶかは、自分の置かれている状況により様々でしょう。
社会人として働いている人には時間的な制限もあります。

日本語教師の資格に関するご案内です。

また学校に通うには地理的条件も考えなければなりません。

そこでおすすめなのが、日本語教育能力検定試験を受験して、資格を取得するというパターンです。
合格率20パーセントと、決して簡単に取れる資格ではありませんが、忙しい人でも自分のペースで独学で資格取得に向けて勉強することができます。



また、資格取得までにかかる費用も通学に比べるとかかりません。